相席屋ブログ人気記事ランキング

相席屋ブログでよく読まれている記事のランキングだよ

  1. OLさんに会って来た結果すごくエロかった件について(動画あり)
  2. 相席屋で仲良くなった子とドライブに行った結果
  3. 相席屋で連れ出してご飯にいった
  4. 26歳の子にハメ撮りをお願いした結果(動画あり)
  5. 相席屋でチェンジした結果

シルバーウィークに相席屋に挑戦した

ちょっとわかってきた相席屋攻略の秘訣

いやー久々だなーおまえらー。ずっとブログを更新しなくて本当申し訳ない。

前回の先輩と行って以来、ちょっと相席屋についていろいろ調べていた(基本的にはネットサーフィンw)んだが、相席屋攻略についてちょっとずつわかってきた。

そのポイントを相棒の3Kとねってねってシルバーウィークに相席屋にいってきたよ。

なんか相席屋の情報をネットサーフィンをしている時に、ついでに面白いものを発見したので、それは次回に特集でも組んでやってみようじゃないか。

今回はシルバーウィークに3Kと相席屋に行ってきた記事を書いていこうかと思う。

成長した俺たちの姿をぜひみていってほしい。

 

シルバーウィークに相席屋に行った結果

こないだは先輩のおかげで自主退場する羽目になってしまった相席屋。

やはり相棒はお前だけだと3Kを誘って懲りずにまたシルバーウィークに相席屋に行ってきた。もちろん勉強と反省はかかさず行っているから今回の俺と3Kは自信に満ち溢れているのだ。

gin

相席屋はこれでもう多分5回目くらいだろうか。

合コンでもなくキャバクラでもなく、割と自然な雰囲気で女の子と触れ合える場であることは実感しているし、手ごたえもある。

ただ俺たちには成果がない・・・・。

ここまで通ったなかで学んだこともあるが、結果はことごとく失敗に終わっている。

 

今日も3Kと一緒に「LINEGET」をゴールとしてシルバーウィークの激戦区の中相席屋へ突撃するのであった・・・。

中に入るなり相変わらず盛り上がっている相席屋。

 

わりとすぐ入れたのにびっくりしたが、中でしばらく待つことになった。

店員「女性のお客様お見えになりました~」

 

 

gin

ぬぬぬ・・・・まぁなかなか・・・可愛い。

いや??清楚系とでも言うのであろうか??

いや、清楚系だろう。多分。

黒髪にナチュラルメイクのセミロング、そして袖がフワフワした白いブラウス
でもしっかり毛先は巻き髪…。
もう一人は、髪はショートボブ、襟だけ白で紺色のワンピース。

よーし女子スカウターで分析してみるぞーーー!

suka

女A(100点満点中)

可愛さ:60点

清楚さ:60点

スタイル:50点

総合:60点

 

女B(100点満点中)

可愛さ:40点

清楚さ:50点

スタイル:40点

総合:45点

 

といった結果。まぁ正直50点超えてなくても、俺には全然いけるんだがな。

gin5

ただな・・・以前調べた時に清楚な感じのメイクや服装ではあるけど、間違いなく男ウケする服装をしたやつはちょっと厄介だというデータをみたことがある。

厄介だよ?こういう子たちは。

「私たち、清楚系は男性みんな好きだもんね」

みたいな顔している。だから卑屈さもないし物怖じもしない。

まぁ挨拶から結果的に社交的で明るいのがまだラッキーだったのだが。。

 

俺もここ数回の相席屋で得た「経験値」がある。

メンタルはかなり強くなったと思う。

俺「どうも~、可愛いよね~2人とも~」
3K「そうそう、芸能人が来たと思ったよ~」

3Kも入ってきたー!!俺が先行で攻めていくと思ったら3Kは前回同様今日は別人のように調子が良い。

女A「そんなことないですぅ~Bちゃんは可愛いけど・・・」

はっ?白々しいわ!どうみてもおまえBちゃんとおまえの見た目にが差がでているぞ!!

gin

本当に”そんなことない”と思っている女はなぁ、

普段容姿を褒められていないから、
いざ褒められても、卑屈で自信がないからそこで不機嫌になるんだよ!

(俺がそうであるように…)

なかなかこのAちゃんは女のしたたかな部分をもっているなと俺は分析したんだ。

 

ここで、昨晩、対策として読んだネットサーフィンで得た知識を思い出す。

”女性の褒められたい欲求は底なしである”
”100回褒めても1000回褒めても足りないと言ってもいい”

なるほど。こんな高飛車なやつはほめてなんぼってことだな。よーし今回はホメ殺し作戦でいこうじゃないか。

俺「いやいや、めちゃくちゃ可愛いって。Bちゃんなんて堀北真希に似ているし、店が雇ったサクラなんじゃないの?」

こんなトークを大きな声でするのは店員の視線が気になるが、ホメ殺し作戦続行である。

今考えると、サクラとか言わなければよかったと思うのだがなwww

 

しばらくの間、すべての会話に褒めトークをガンガン織り交ぜた。

2人とも機嫌よく笑顔である。

megane10

いいぞいいぞー俺の術中にはまってきてるなwwww

すると・・・
女A「私なんか全然です~ほんとにぃ~。Bちゃんの方がモテるんだから…」

…どうやら様子が変だ。

 

俺はこのとき、Bちゃんを褒めたばかりだ。Aちゃんのことは(これからホメまくる予定であったが)まだ何も言っていない。

なのに、Aちゃんは”私なんか全然”脈絡なく自分の話題にシフトさせようとする。

 

あーつっこみたかったよー

君じゃないからねーって!!

gin3

 

「そんなことないよ、可愛いよ」とのセリフを欲しているようにも見える。

合コンで言うところの、地雷ってやつなのか?なんなんだこいつは、Bちゃんに全然主導権を与えていないじゃないか。

 

この爆弾を処理しつつ、ターゲットと仲良くなるがセオリーだということは、これまでの経験で俺でも分かる。

しかしさすが3K。ここで誤った選択をしてしまう。

3K「Bちゃんってどこかモデル事務所とか所属してるの?」

女B「いえいえ…してないですよ~笑」

女A「・・・・・」

おーーーーいーーー3K-ーーーー!!

gin3

ここはまず!爆弾(女A)の機嫌をとるのが先決だろうが。

おまえ爆弾処理したくないからって、Bちゃんにがっつくんじゃないよ。

というメッセージを込めて3Kをチラっと睨むと、

このアホ、超ドヤ顔で

「ニカッ(笑顔)」

おおおーーー全然わかってねー駄目だ…。こいつは駄目だ。

 

どうやら彼は、ひとつのタスクをこなすことしか出来ないらしい。
シングルタスク野郎だった…。

仕事でも同時に2つのことを同時並行で出来ない男だったというのを忘れていたよ…。

 

この後は、何を話しても女Aのテンションが低い。

しかも「煙草吸ってもいいですか?」と言い出す始末。

清楚系はどこへ行った・・・・。

この女自分に興味をむかないから、本性だしてきたじゃねーかー!

 

そして俺はめげずにフォローへとまわろうと、女Aに話題を振ろうとした瞬間、

女A「Bちゃん、そろそろ私帰らないと…」
女B「えっ?あー、うん。分かったよ…」

そそくさと無言で帰り支度をする女Aと、それを追う女B。

帰り際、女Bが(ゴメンね!)のポーズで申し訳なさそうに席をあとにした姿が印象的だった・・・。

Bちゃんええ子やないかーーーーー!!

gin6

もちろん、今回も撃沈。番号ゲットもならず、結果は失敗だった。

だがしかし!
以下の点で成果というか、得られたものもあった。

・女Bの方はまんざらでもなかった点
・ホメ殺し作戦は効果があったという点
・逆にいえば女Aに対しての爆弾処理さえ怠らなければ戦況は変わっていた

以上の点から、

「あともう少しで成果につながったかも知れなかった」

という手ごたえがあるのは確かだ。

 

相席屋へも随分と通っただけに、経験値もあがり、
女性に対して以前とは比べ物にならないほど、冷静に対処できるようになったと思う。

もう「あの店は駄目だ」とか、環境のせいにすることもないだろう。

ちょっとプラスに考えて相席屋にいってみようかと思うよ。

 

« »

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ